ラズベリーズの申し子! スコット・マッカールを知ってますか?!

エリックカルメン率いる「ラズベリーズ」の末期に所属した「スコット・マッカール」は「バラ色のグラス」というとてもいい曲をラズベリーズに提供し自らが歌っています。 ラズベリーズ解散後の動向は不明でしたが、この度「たぐっちやんとサッチャン」の「サッチャン」こと佐藤勝夫氏が「スコット・マッカール」の1998年のアルバムを入手したのでした!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧れのギブソン! マイギターストーリー!!

中学時代に吉田拓郎さんの「たくろうオン・ステージ(ライブアルバム)」を聴き使っているギターの音にしびれ、高校になってヤマキという日本のメーカーの「ギブソンハミングバードモデル」を購入し使っていました。 「たぐっちゃんとサッチャン」で日仏会館でのステージは写真でわかると思いますが、いわゆる"偽ギブソン"を使用しています。 その後大学時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報! She Said Goodbye レスリーゴーア逝く!!

60年代を代表するシンガーの一人のレスリーゴーアが16日に癌で亡くなったそうです。68歳だったそうです。 元気に歌っている最近の姿が「YOU TUBE」で公開されていたので驚きました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 私は昨年ブログで「LOOK OF LOVE」を大瀧詠一さんの「青空のように」と一緒にご紹介しましたが、今回は追悼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページのアドレスが変わりました!!

長年お付き合いしていました「ビッグローブ」さんと悲しいお別れをして、こちら→http://www.catv296.ne.jp/~srk/になりました。 これに伴い聴ける楽曲やページを増やすことも考えております。その際はブログでお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何はともあれ! 大好き! シフォンズ!!

久しぶりの女性コーラスグループのご紹介です。 シフォンズと言えばジョージ・ハリスンの「My Sweet Road」の原曲の「He's So Fine」や「Sweet Talkin' Guy」、「One Fine Day」のヒットで有名ですが、今日は私のお気に入りの2曲をご紹介します。 まずは1963年全米36位の「I Have …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おぼろ月」リメイクしました! 聴いてください!!

歌詞がなかなか書けない私はラジオの「ポエムコーナー」を録音して、それを曲に合わせるようにしてまとめて作っていました。 つまり完全にパクリというわけですが、その中の代表的な1曲が「おぼろ月」です。 たしか大学1年生の時だったと思いますが、テクニクス銀座での「テクギンフォークコンテスト」にギター1本で出て、MCの女性が紹介のアナウンス時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリークリスマス! バブルガムミュージックの雄! 1910フルーツガムカンパニー!!

私は二人の兄の影響で幼少からポップスを聴いていたのでしたが、すぐ上と言っても7歳年上ですがその兄の影響で聴いていたのが、今日ご紹介する1910フルーツガムカンパニーです。 バブルガムミュージックという言葉はフルーツガムカンパニーをもじって作られたそうで、当時ティーン向けの易しい軽薄なロックンロールと馬鹿にしていた方たちもいたそうですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラードもアップテンポもとってもいいんだ! ブルース&テリー!!

ブルース&テリーで日本でも有名なのは「SUMMER MEANS FUN」と思いますが、この曲は先日ご紹介しましたP.F.スローン作です。 その他日本ではあまりなじみのない「HERE COMES A SUMMER」などのヒット曲もありますが、それはまた別の機会でご紹介するとして、まずは名曲中の名曲と言われている「DON'T RUN AW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下積みが長かった! P.Fスローンの歴史を振り返ってみよう!!

まずP.F.スローンといえばこの曲「FROM A DISTANCE/邦題:孤独の世界」をお聴き下さい。 P.F.スローンはブルース&テリーで有名な「SUMMER MEANS FUN/1964年」や、スティーブ・バリとのコンビでジャン&ディーンの「I FOUND A GIRL/1965年」、バリーマクガイアの「明日なき世界/1965…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホワイトクリスマス」といえば・・・私はドリフターズです!!

街中でクリスマスソングが聞こえてくる季節になりました。世界中で親しまれていて数多くのシンガーが取り上げている「ホワイトクリスマス」ですが、誰のバージョンがお好きですか? 私は標記「クライド・マックファター&ザ・ドリフターズ」の1954年に発表されたバージョンがとっても好きです。 ボーカル構成は後の「フランキーヴァリ&ザ・フォーシーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこかで聞いたようなメロディー! リッキーネルソン!!

リッキーネルソン(リック)は両親が芸能界で活躍していたので、子供のころからテレビ番組に出演していたそうです。 16歳のころ、ラジオから流れてくるエルビス・プレスリーに夢中になっているガールフレンドの気をひこうと、歌手になることを思い立ったエピソードは有名です。 すぐに翌年の57年からヒット曲を連発します。 また俳優としてもジョン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこかで聞いたような声! 恋のスーパー伯爵!!

オールディーズを聴き始めた高校生の時に、ラジオで「全米No.1ヒットパレード」という番組を見つけ聴いたのがその後の私のオールディーズ好きを一層加熱させたのでしたが、62年の全米第1位に輝いたジーンチャンドラー(本名:ルージー・ディクソン)の「Duke Of Earl/邦題:恋のスーパー伯爵」も私にはとても衝撃的な1曲でした。 邦題はピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名盤です! Sukiyaki 坂本九さん!!

学生時代に渋谷のオールディーズ専門店で見つけた坂本九さんのアメリカ盤「Sukiyaki」のご紹介です。 まずはジャケットをご覧ください。九ちゃんが「火薬」と書いた箱の上でたばこを吸っているのがコミカルです。 よく見ると坂本九でなく坂木九になっているのがいかにもアメリカ盤です。 裏ジャケットは曲目とライナーノーツがあります。パラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドゥワップからエレガンツへ! 何とも心地よい「リトル・スター」!!

今日もオールディーズに凝り始めたころ大好きだった曲のご紹介です。 ジ・エレガンツのヒット曲はこの曲だけで、アメリカでは1958年に上位にランクされました。 日本ではほとんど情報がなくオールディーズのオムニバス盤にこの曲が入っているのを見ただけですが、それでも後にディオンや「デニスに夢中」のヒットでおなじみのランディ&ザ・レインボウズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の魅力! ぺトゥラ・クラーク!!

最近女性ボーカルづいておりますが、ペトゥラ・クラークもオールディーズを聴き始めた時のアイドルの一人です。 名子役から女優、そして歌手として活躍しましたがヨーロッパやアメリカの人気に比べると日本ではあまり十分には知られていない存在だったようです。 今日は大ヒット曲の1964年全米1位の「恋のダウンタウン」と66年全米1位の「マイラブ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛い! ポニー・テールズ!!

今日は私がオールディーズに没頭し始めた時のお気に入りの2曲をご紹介します。 ポニー・テールズは1957年にマイナーレーベルからデビューした3人組の女性グループで、58年の「Born too late/邦題:もう少し早く生まれたかった」が全米7位まで昇り人気を集めました。 まずはその曲をお聴き下さい。とってもかわいらしい曲で大好きです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーリー・フェブレーって知ってる? とっても素敵なんだ!!

和歌山のポップスの先生から前回のレイダースのブログで「バリー・マン&シンシア・ウィル」の作品がやはり素晴らしいとのコメントをいただきました。 調子に乗ってあまり知られていない大好きな曲をご紹介します。 シェーリー・フェブレーは幼い頃から子役として活躍、TVシリーズ「うちのママは世界一」のメアリー・ストーン役で茶の間のアイドルとなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史があります! マークリンゼイとレイダース!!

私がレイダースを知ったのは1971年日本で大ヒットした「嘆きのインディアン」や「カントリーワイン」でした。 翌年にベスト盤が出たので購入したのですが、当時ライナーノーツを見てとても歴史のあるグループであると認識したのでした!! 1960年にレイダースのオリジナルメンバーであるポール・リヴィアー、マーク・リンゼイ、マイク・スミスの3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とってもチャーミング! シュレルズって素敵!!

大好きな女性グループの一つ、シュレルズのご紹介をします。 1959年に「邦題:愛する貴方に/57年ファイブローヤルズのカバー」でデビュー、これがスマッシュヒット。 4作目のB面「トゥナイツ・ザ・ナイト」が全米39位まで上昇、そして5作目のキャロルキング&ゲーリーゴフィン作の「ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー」で見事に61年全米1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60年代の香りたっぷり! 名曲「お先にどうぞ」!!

大好きな日本のソングライターの一人、ムッシュことかまやつひろしさんが1974年に出したアルバム「あゝ、我が良き友よ(タイトル曲は吉田拓郎さん作詞・作曲)」の中に収録されている「お先にどうぞ」は、故大瀧詠一さんの作詞・作曲・編曲でコーラスに大瀧さん、吉田美奈子さん、山下達郎さんが参加しています。 そしてバックバンドはもちろんティン・パン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more