テーマ:大瀧詠一

お待たせしました! 北国ファン必聴です!! 「北国の少女」完成!!!

北国の少女を和歌山のポップスの師の栩野氏にアドバイスを受け久しぶりに録音しました。 生楽器を中心にバッキングを作り、サビや間奏時にストリングスも薄くバックに入れてみました。 より哀愁が出たのではないかと思っています。ぜひお聴きください。 北国の少女 作詞:近藤貞夫 作曲:田口博之 Dedication:大瀧詠一、J.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君が最高さ」新録音完成!!

作詞、作曲した「君が最高さ」を10数年ぶりに録音してみました。この曲で私がいかに60年代アメリカンポップス、そして亡き大瀧詠一さんが大好きだということをわかっていただければ嬉しいです。ぜひお聴き下さい。 ※君が 君が最高さ(×2 Times) 公園 誰もいない ベンチに 寄り添う二人 ささやく 愛の言葉は ※ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとオリジナル曲「秋」のレコーディング終了しました!!

新年最初のアップはなんと! 「秋」になってしまいました!! 曲名から昨秋に発表しようとしていたのですが、コーラスにとっても時間がかかり冬になってしまいました この曲は高校2年生のときに同じクラスだった河合和文君の作詞です。いくつか詩を提供してくれたのですがこの曲が一番のお気に入りです。 私はたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初レコーディング! 「坂をみつめて」をお聴きください!!

「恋のナイトタウン」に続いての今年最後のレコーディングは、Street Rythm Kings(1人多重録音)としては初めての「坂をみつめて」の登場です。 これは高校時代の同級生の寺島玄氏による詩で、彼との初共作でした。その後は「恋のHAPPY WALKING(未発表)」や「悲しき約束(アカペラで発表)」で詞を提供してもらいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報! She Said Goodbye レスリーゴーア逝く!!

60年代を代表するシンガーの一人のレスリーゴーアが16日に癌で亡くなったそうです。68歳だったそうです。 元気に歌っている最近の姿が「YOU TUBE」で公開されていたので驚きました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 私は昨年ブログで「LOOK OF LOVE」を大瀧詠一さんの「青空のように」と一緒にご紹介しましたが、今回は追悼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60年代の香りたっぷり! 名曲「お先にどうぞ」!!

大好きな日本のソングライターの一人、ムッシュことかまやつひろしさんが1974年に出したアルバム「あゝ、我が良き友よ(タイトル曲は吉田拓郎さん作詞・作曲)」の中に収録されている「お先にどうぞ」は、故大瀧詠一さんの作詞・作曲・編曲でコーラスに大瀧さん、吉田美奈子さん、山下達郎さんが参加しています。 そしてバックバンドはもちろんティン・パン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大好き! レスリーゴーア!!

レスリーゴーアと言えば1963年全米1位に輝いた「涙のバースディ・パーティ」や「涙のジュディ」「恋と涙の16才」「メイビー・アイ・ノウ」などが有名なヒット曲ですが、私は「LOOK OF LOVE/邦題:恋の面影」も大好きな1曲です。なぜならこの曲を聴くと敬愛してやまない大瀧詠一さんの「青空のように」を思い出すからです。 まず「LOOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライトミュージック

ライトミュージックという雑誌があったのを知っていますか? 昭和50年の8月号のロック・ムーブメントの主役登場!!「オレにはじまるロック史」というコーナーで細野晴臣さんと大瀧詠一さんを特集していて、お互いのソロアルバム「トロピカル・ダンディ」と「ナイアガラ・ムーン」を絶賛していますが、自身が特に影響を受けたアルバムの紹介をしています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本当に悲しい!大瀧詠一さん急死!!

なんてことだ! 敬愛してやまない大瀧さんがこんなにあっけなく亡くなってしまうなんて! とても信じられません。 ひとつの時代が終わった瞬間だ。どうぞ安らかにおねむりください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more